シュウの名言名セリフ

シュウの名言名セリフ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

【南斗六聖拳仁星のシュウ】
南斗六聖拳の一人。仁の宿星をもつ。幼き日のケンシロウの命を自分の目を犠牲にして救った。輝ける未来のために己を捨てて戦う。人は彼を“盲目の闘将”とよぶ。

 

【流派】南斗聖拳

 

【おもな技の名前】南斗白鷺拳

 

【おもな名言】今より輝こうとする子供たちの光を奪い去ることは許さん

 

【特徴】両目に大きな傷跡があり目が見えない

 

人はわたしを 盲目の闘将と呼ぶ!!

 

乱世に怒り おのれの星の

 

宿命に生きる 六聖拳のひとり!!

 

南斗六聖拳のひとり、仁の宿星をもつ南斗白鷺拳のシュウ!またの名を“盲目の闘将”!

 

今より輝こうとする子供たちの光を

 

奪い去ることは許さん!!

 



スポンサードリンク



 

南斗は天帝の星として輝かず!!

 

サウザーに天は握れぬと、聖帝十字陵の頂で叫ぶシュウ

 

この岩はおまえたちの命と思えば

 

重くはない

 

たとえきさまを倒せなくても

 

阿修羅となって戦おう!!

 

この命つきるまで!!

 

自分では勝つことができないことが分かっていながら、囚われた人質のために決死の覚悟でサウザーに挑むシュウのセリフ。

 

聞け!わが魂の叫びを!!!

 

ゆけ ケンシロウ

 

そして時代を開け・・

 

私はいつも

 

お前をみているぞ・・・

 

聖帝十字陵の頂きを背負い絶命する瞬間、一瞬だけ目が見えるようになったシュウが、駆けつけたケンシロウに言い遺したセリフ。

 



スポンサードリンク



 

この少年は だれよりも強く激しく

 

光る可能性を秘めている!!

 

これも仁星・・・

 

未来への希望に生きる宿命!

 

甘いな・・・

 

なぜ今の一撃でとどめをささん

 

命をかけねば あなたの力を

 

知ることができなかった!

 

恐怖は人の気配となり 敵に容易に

 

間合いをつかませてしまう

 

うそをつくな

 

わたしには人の心がわかる

 

光を失った 役立たずのこの目でも

 

涙だけはかれぬ!!

 

サウザーの小隊から奪った食料には毒が入っており、それを食べた子どもが命を落としたときに、嗚咽しながら言ったシュウのセリフ。

 

されど心の目はひらいておる

 

成長したケンシロウと出会ったとき、「お前は目が見えぬのか」と言われた際に返したシュウのセリフ。この時はまだ命の恩人であることをケンシロウは気付いていない。

 

ただで命をくれとはいわぬ

 

かわりに・・・

 

おれの光をくれてやる!!

 

北斗と南斗の他流試合において、敗れ去り命を奪われそうになる幼いケンシロウを救うために言ったシュウのセリフ。仁星の血が強く目覚めた瞬間でもある。

 

わたしがうしなった光よりも・・

 

おまえは強く激しく光り始めた!!

 

盲目ゆえ わたしには

 

おまえの拳に対する恐怖はない!

 

この聖帝十字陵はいずれ崩れ去る!

 

北斗神拳伝承者の手によって!!

 

たとえこの力尽きようとも・・

 

このわたしの魂で支えてみせよう!

 

敵の動きを知るのは

 

目でもない耳でもない!

 

わたしは心で気配を見切る!!

 

一目だけでも・・・

 

おまえの成長した顔が

 

みたかった・・・・・

 

まっていた

 

ケンシロウ あなたのくるのを!

 

せめて反旗を翻し

 

ゲリラとなって戦うことしか・・!

 

神が最期にひとつだけ

 

願いをかなえてくれた・・・!!

 

散っていった六星のために

 

せめて聖碑を積もう!!

 

六星が乱れた時から・・

 

わたしとおまえは

 

戦う運命にあったのだ!!

 

南斗聖拳では

 

サウザーを倒すことはできんのだ!

 

この世に光は戻らぬ・・

 

このわたしを倒さぬことにはな!!

 

わ・・・わが息子・・

 

シバの面影が見える!!

 

大丈夫だ その涙がわたしを

 

一番強くするだろう

 

傷を負っているケンシロウを匿い、サウザーに戦いを挑もうとしているシュウを心配するリンに向かって、優しく応えたセリフ

 

目がみえぬかわりに 心が開いた

 

シュウはその昔、ケンシロウの命を救うために己の目を犠牲にしていた

 

強い・・・レイがおのれを

 

賭けたのがよくわかる

 

ケンシロウの腕を試したシュウ。レイはシュウの親友だった

 

今動くことはない!

 

おまえたちの中にある

 

心が動いただけで充分だ!

 

たとえこの身は死すとも・・

 

われら親子は 南斗の星となって

 

おまえをみているぞ・・・

 

聖帝十字陵の頂で命が尽きる寸前、ケンシロウに言った最後の言葉。息子のシバはケンシロウを救うため、すでにあの世に旅立っていた

 

も・・・もはや悔いはない・・・

 

わたしの仁星の血は

 

まちがってはいなかった!!

 

死ぬ間際、突然盲目のシュウの目が見えるようになる。そしてケンシロウの姿を見て、今までの自分の生き方が間違いではなかったことを悟る

 

そう・・・

 

これがわたしの戦う理由だ!!

 

シュウが命を賭けて戦う理由、それは子供たちの未来のため

 

むぅ・・・

 

わたしの気を感じおったか!!

 

まだ幼いケンシロウが、南斗十人組手に挑んでいる際中にもかかわらず、シュウの放った気に感づいたときの心のセリフ

 

聖帝を倒さねば この悲劇は

 

永遠にくりかえされるのだ!!

 

南斗六聖拳将星のサウザーは南斗聖拳では倒せない。そのため、子供ですら死に追いやる無慈悲な聖帝による悲劇を止めるすべがない

 

強く生きよ・・・わが息子たち

 



スポンサードリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加  

北斗の拳名言集キャラクター一覧