ラオウの名言名セリフ㉑

ラオウの名言名セリフ㉑
Sponsored Link

世紀末覇者ラオウ

 

まさに 炎の男よ・・・・・

ラオウを倒すため己の体を紅蓮の炎で包み突撃してきた、南斗五車星炎のシュレンの亡骸へ向けて言ったセリフ

 

俺はきさまに拳を教えた身!

このラオウに一日の長があるわ!!

北斗練気闘座でのケンシロウとの最終決戦。拳を極めた者同士の戦いは、もはや技ではなく、ただの殴り合いと化す

 

いまだ愛を知らぬゆえに

哀しみがみえぬ・・・・・

愛とは・・・哀しみとは・・・

知るすべはただひとつ!!

ユリア!おまえの命をくれい!!!

哀しみを知らずしてケンシロウに勝てぬと悟ったラオウは、とうとうユリアをその手にかけようとする

 

もし兄カイオウが歪んでいたならば

その手で殺せい!!

ケンシロウへ言ったセリフ。もし自分がケンシロウに敗れ、なおもカイオウがその道を外していた場合へのメッセージ

 

す・・・すでにやつの肉体は

二度砕けているはず!!

ケンシロウが死んだはずのレイの技を使い、ケンシロウの後ろにレイの面影を感じた時に言ったセリフ

 

時間かせぎの余裕はあたえぬ!!

すぐにかたづけてくれるわ!!

 

拳においては恐怖がスキを誘う!!

 

闘気はいささかも衰えぬ!!

ケンシロウとの戦いで受けた傷を癒すため、その昔リュウケンと北斗神拳の伝承者争いをしたコウリュウの元へ向かったラオウ

 

うぬがいかに善人の皮をかぶろうとも

その体には鬼の血が流れておる!!

南斗五車星のひとり山のフドウ。今は多くの孤児たちのお父さんとなって面倒を見ているが、かつて“鬼のフドウ”と言われていた過去があった

 

うぬの軟弱な拳で

この拳王が倒せると思ったか!!