サウザーの名言名セリフ⑦

サウザーの名言名セリフ⑦
Sponsored Link

南斗六聖拳将星のサウザー

 

この十字陵は

偉大なる師オウガイへの最後の心!

そして・・このおれの

愛と情の墓でもあるのだぁ!!!

巨大な聖帝十字陵は、最も愛し敬った師匠オウガイと自分の愛と情の宿る心への決別の証であったのだ

 

フンッ・・

でかい口をきくようになったな小僧

幼き頃より知っているケンシロウに道を阻まれ、「お前の行進もここまでだ」と言われたときのセリフ

 

きさまが手をだせば

人質のガキどもは皆殺しだ!!

子供を人質にし、シュウの気を削ぐ

 

愛や情は哀しみしか生まぬ・・・

な なのになぜ・・

哀しみを背負おうとする・・!

なぜ苦しみを背負おうとする!!

愛と情けを背負ったケンシロウの拳に敗れ去ったサウザーは、死に際にその理由を訊ねる

 

フッフッフ・・・きかぬなぁ!

クククッ なぜきかぬか分かるまい!

サウザーの体の謎を解かずに戦いを挑むケンシロウに対し、その打撃をものともせず不敵に嘲笑う

 

と・・・翔べぬ!!

あ・・・脚が!!!

ケンシロウに秘孔をつかれたその体は、すでに翔ぶことができなくなっていた

 

おれはその時から愛をすてた!

いや!帝王の星がめざめたのだ!!

愛するお師さんを失った時、将星たる鳳凰の血が目覚めた

 

ならばこちらも南斗極星の拳の

伝承者として奥義を

尽さねばなるまい!!

 

き きさま・・この俺の死でさえ

情で見送るのか・・・!?

愛を捨て非情の限りを尽くしてきたサウザーに、ケンシロウは苦痛を生まない有情拳でとどめをさす。その情けにサウザーの心が揺れる

 

鳳凰の 聖帝の夢は・・

ついえたか・・・・・

北斗神拳伝承者ケンシロウとの戦いに敗れ、南斗鳳凰拳の歴史に幕が下りる

 

北斗神拳伝承者・・・・・

おれのかなう相手では

なかった・・・・・か・・・

重すぎるほどの愛と情けを背負って戦う北斗神拳伝承者。全てにおいて負けていたことを悟るサウザーでありました