北斗の拳豆知識①

北斗の拳豆知識①
Sponsored Link

【北斗の拳と豆知識】 
週刊少年ジャンプで連載が開始された『北斗の拳』は、これまで漫画のみならず、アニメ、ゲーム、ビデオ、CD、DVD、フィギュアなどさまざまな媒体で表現されており、多くの人気を集めてきました。

北斗の拳にはさまざまな側面があり、「へ~そうなんだ!」といった豆知識や雑学がたくさんあります。ちょっとした小ネタで楽しめるのも、北斗の拳の魅力の一つといえるでしょう。

 

ひでぶと北斗の拳

悪党がやられたときの断末魔の叫びである「ひでぶ」はあまりに有名だが、実は、漫画本編では、1、2回程度しか使われていない。

なぜここまで有名になったかというと、テレビアニメシリーズの初期の頃に、この「ひでぶ」をこれでもかというほど多用したことが原因といわれている。

どちらにせよ、この「ひでぶ」や「あべし」で、北斗の拳の知名度や人気がより増したことはいうまでもない。

 

ボケとツッコミと北斗の拳

北斗の拳はギャグ的な要素もかなりあるが、これは時代背景が暗く、また残酷な描写も多く含まれているため、それらをカラッと表現するためにわざと取り入れられている。

そのギャグ的要素がなかなか秀逸で、「絶妙のボケとツッコミ」として、一種のギャグ漫画としての地位も確立しているほど。

北斗の拳の魅力をさらにひきだしている。

 

チビヤロウと北斗の拳

本作中でケンシロウは、「チビヤロウ」と言われているが、ケンシロウの身長は、設定で185cmある。

そのケンシロウがチビ扱いになるほど、この作品ではでっかいキャラクターがたくさんでてくる。

最もでかいと思われるキャラクターはデビルリバースというキャラで、“悪魔の化身”の異名をとるそのキャラはゆうに10Mくらいある。

他にも3m級ならざらにいる。

 

ひで=痛てぇと北斗の拳

ハートというキャラの断末魔の叫びである「ひでぶ」は超有名。

この言葉の由来は、「ひで=痛てぇ」に体の破裂する音である「ぶ」を合成させたものだと作者は言っているが、実は誤植によるものであることが判明している。

最初は「ひでぇ」だったが、写植の段階で「ひでぶ」と誤植されてしまい、それがそのまま作品としてのってしまった。

そう考えれば、誤植した人物の功績は相当大きい!?

 

千葉繁と北斗の拳

「やられ役」の声優としてあまりに有名な千葉繁。アニメの次回予告編もこの人が毎回ナレーションしており、そのテンションの高さと独特の言い回しは信者ができるほど。

さまざまな「やられ声」でアニメ視聴者を楽しませてくれるが、「ちぃ~~ぶぁ~~!」と、自分の名前の断末魔を叫ぼうとしたときはさすがにNGとなったもよう。

千葉繁の声を意識して、北斗の拳をみるのもおすすめ。