リュウケンの名言名セリフ①

リュウケンの名言名セリフ①
Sponsored Link

先代北斗神拳伝承者リュウケン

北斗神拳の先代伝承者。ケンシロウ・ラオウ・トキ・ジャギの義父。ラオウの強大な野望と拳をとめるべく対峙するが老いと病により非業の死を遂げる。

【流派】 北斗神拳

【おもな技の名前】 七星点心

【おもな名言】 なかなか獅子の子とはおらぬものよ

【特徴】 首に大きな数珠をかけ袈裟を着ている

 

【若かりし頃】

なかなか獅子の子とは

おらぬものよ・・

 

この世で最強のものは無・・・

その無より転じて生を拾う・・

それが無想転生!・・・

 

天空に二つの極星あり

すなわち北斗と南斗

森羅万象二極一対 男と女 陰と陽

仁王像の阿と吽

暗殺拳しかり 北斗の拳と南斗の拳

 

か・・神よ・・・

いま しばしの命を~~~っ!!!

 

強くなくては

北斗神拳の伝承者への道は

歩めぬ!!

 

北斗七星は敵を封ずる

死への道標!!

 

北斗七星がなぜ

死を司る星といわれるか

教えてやろう

 

一子相伝が北斗神拳の掟・・・

おまえの拳を

封じなければなるまい!!

 

やつの前では虎すら死を覚悟した

 

この男・・このリュウケンの想像を

超える男になるやもしれぬ!!