北斗の拳おもしろネタ④

北斗の拳おもしろネタ④
Sponsored Link

日常のいろいろな状況・場面を北斗の拳風に語る。

登山を北斗の拳風に

 

【アミバ、下山途中にて】

ん~?道、間違ったかな?

 

【ハン、登りまくり】

「いったい今まで、どれくらいの山を登られたので?」

ハン「ふ・・百山から先は覚えていない!」

 

【ラオウ、嘆く】

我がザックに 一片の食い物なし!!

 

【レイ、みんなのザックを確認】

てめぇらのザックは、何色だぁああ!!

 

【ジャギ、唐突に質問する】

おいお前!あの山の名前を言ってみろ!!

 

【レイ、食料を奪う】

レイ(女装中)「おまえたち・・食料は持っているのかい?」

「へっへっへっ、イイ子にしてればアルファ米ぐらいわけてやるぜぇ!!」

レイ「そうかい!ではそいつをいただくとするか!!」

「げぇっ!?」

 

【サウザー、最期の質問】

さ、最後に・・

お前ら登山家に聞きたいことがある・・・

登山やキャンプは疲労しか生まぬ・・・

なのになぜ山に登ろうとする?

なぜザックを背負おうとする?

 

【山頂にて】

199Xm、山頂は濃い霧につつまれた・・

 

【シュウ、皆のザックを背負う】

このザック・・・

おまえたちの命と思えば重くはない!!

 

【怪我したときは・・】

傷口は消毒だぁああああ!!

 

【トキ、雪崩に合う・・が!?】

ト、トキは雪崩を受け流している!!

 

【リン、叫ぶ】

(野口)ケーーーーーーーン!!

 

【ケンシロウ、キレる】

地獄温泉すら生ぬるい!!