北斗の拳おもしろネタ①

北斗の拳おもしろネタ①
Sponsored Link

日常のいろいろな状況・場面を北斗の拳風に語る。

就職・転職を北斗の拳風に

 

【ケンシロウ面接官】

お前はもう 落ちている

 

【レイ面接官とガルフ求職者】

レイ面接官「彼がケンシロウ面接官だ」

ガルフ求職者「げぇっ!?そ、それじゃあ・・も、もしかして、もしかして俺はすでに・・・?!」

レイ面接官「うむ、落ちている」

 

【ジュウザ求職者】

我が履歴書は我流!

我流ゆえに・・・誰にも読めぬ!!

 

【ジャギ面接官】

会社の名を言ってみろ!!

 

【ケンシロウ求職者とファルコ面接官】

ケンシロウ求職者「採れぬか!!」

ファルコ面接官「採れぬ!!」

 

【ジャコウ求職者】

少ない・・少ない・・少ない・・・

少なぁああい!!もっと求人を!!!

 

【アミバ面接官とケンシロウ求職者】

ケンシロウ求職者「貴様が面接官か?」

アミバ面接官「そぅだぁ~、早くそこに座れぇ~~ヒャァ~ハッハッハ!」

ケンシロウ求職者「その狂気に歪んだ顔・・・貴様は断じて面接官ではない!!」

 

【ハン求職者】

ハロワ職員「いったい今まで、何枚の不採用通知を受け取ったんですか?」

ハン求職者「フッ・・100枚から先は覚えていない!」

 

【ラオウ面接官】

ラオウ面接官「愚か者の名を聞こう」

 

【狗法眼ガルフ面接官と求職者】

ガルフ面接官「のうセキよ、この男は合格か不合格か?」

セキ(犬)「・・・・・ワン!!」

ガルフ面接官「そうかぁ!やっぱり不合格かっ!!」

求職者「そ、そんなぁ・・・」

 

【レイ求職者とダガール面接官】

レイ求職者「ふぅ・・・どうやら間に合ったようだ。ユダ面接官はいらっしゃいますか?」

ダガール面接官「ふっふっふ ごらんの通りユダ面接官はここにはおられない。あの方は無益な面接は好まれぬのでな!」

 

【ジュウザ求職者】

め 面接官の・・・

ク・ソ・バ・カ・ヤ・ロ・ウ・・・!

 

【ラオウ面接官とレイ求職者】

ラオウ面接官「貴様は北斗七星の脇に輝く蒼星を見たことがあるか?」

レイ求職者「ある!」

ラオウ面接官「ほほぅ・・どうやら貴様は 俺と面接する運命にあったらしい!!」

 

【シン求職者】

おい面接官!

この俺を採用すると言ってみろ!!

 

【アミバ求職者】

フッ・・就職か・・・!

そのくらいのこと 俺にもできる!!

 

【ケンシロウ面接官】

次に落ちたいやつ 前にでろ

 

【レイ社員】

こんな時代だ・・正社員たちの命は短い

 

【ケンシロウ人事担当】

ケンシロウ人事担当「次に辞めたいやつ、前に出ろ」

 

【ケンシロウ求職者】

ケンシロウ求職者「面接官よ、お前もまさしく強敵(とも)だった!」

 

【ジュウザ求職者】

面接官「では当社の志望動機をお聞かせください」

ジュウザ求職者「雲ゆえの・・きまぐれよ!」

面接官「帰りなさい」

 

【ケンシロウ面接官】

ケンシロウ面接官「我が社の歴史は1800年!きさまごときが入社できる会社ではない!!」

 

【トキ職員(ハロワ)】

トキ職員(ハロワ)「求人票を見よ!見えるはずだ!『経験者に限る』の文字が!!」

 

【ケンシロウ面接官】

ケンシロウ面接官「落とされたことに気づかなかったようだな」

 

【シン求職者】

シン求職者「こ、こんな資格も学歴もすべて虚しいだけ・・・お、俺の欲しかったものはただ一つ!・・・内定だぁあああ!!!」

 

【リハク面接官】

リハク面接官「あの男の才があれほどとは!・・み、見抜けなかった・・・このリハクの目をもってしても・・・!このリハク、一生の不覚!!」

 

【シン職員(ハロワ)】

シン職員(ハロワ)「クックック・・優秀な人材なら一社目ですぐ受かる!貴様は何社目で受かるかなぁ?!」

 

【レイ人事担当】

レイ人事担当「ユダ!社員バッジは二度と輝かぬ!!」

 

【ケンシロウ求職者】

ケンシロウ求職者「俺は生まれた時、すでに無職だった!」

面接官「・・・でしょうね」

 

【リハク職員(ハロワ)とケンシロウ求職者】

リハク職員(ハロワ)「そ、そのような職歴で面接を・・!?」

ケンシロウ求職者「かつて職歴はなくとも戦い続けた男がいた・・!」

 

【ハン面接官】

部下「ハ・・ハン様、あなたはそうやって何人の求職者を不採用にしてきたのですか!?」

ハン面接官「百人から先は覚えていない!!」

 

【ケンシロウ職員(ハロワ)とアミバ求職者】

アミバ求職者「さぁて・・ど~の企業から面接してやろうかなぁ?」

ケンシロウ職員(ハロワ)「そんな経歴で面接が受けられるのか?」

アミバ求職者「な!ななななっ!?」

 

【ダイヤ面接官】

ダイヤ面接官「きさまらに合否の理由などいらん!!すべてオレたちの気分しだいよ!!」

 

【ケンシロウ面接官】

ケンシロウ面接官「きさまは最初からジョーカー(不採用)をひいていた!!」

 

【ケンシロウ求職者】

ケンシロウ求職者「俺の履歴書に名はいらぬ!!落ちるならば面接の荒野で!!」

 

【ケンシロウ職員(ハロワ)】

ケンシロウ職員(ハロワ)「汚い面を見せるのは これぐらいにしておけ!」

 

【ジャギ社員】

ジャギ社員「高卒のあいつが大卒の俺を差し置いて昇進だと!?お、おのれぇええ!!大卒より優れた高卒などいねえ!!!」

 

【ジュウザ求職者】

ジュウザ求職者「俺は無職!俺は俺の意志で働く!!ざまあみたか面接官!!俺は最後の最後まで無職のジュウザよ!!」

面接官「帰りなさい」

 

【サウザー求職者】

サウザー求職者「こんなに悲しいのなら・・・苦しいのなら・・・職などいらぬ!!」

 

【牙一族社長と部下たち】

牙一族社長「お、お前ら!わしのために時間稼ぎをしろぉ!!」

部長「しゃ、社長!同じ会社の役員ではないですか!!」

牙一族社長「ばぁかめ!!わしさえいれば、お前らの代わりなどいくらでも作れるわ!!」

 

【リン社員】

リン社員「ハケーーーーーン!!(この会社に)来ちゃダメーーーー!!」

 

【トキ求職者とケンシロウ求職者】

トキ求職者「下がっていろケンシロウ。見ることもまた面接だ」

ケンシロウ求職者「ト、トキ!やめるんだ!!」

トキ求職者「この会社に2対1の面接はない。たとえ受かったとしても・・それは採用とはいえない!」

 

【ケンシロウ面接官とアミバ求職者】

アミバ求職者「ば、ばかな!!俺の詐称を・・!?」

ケンシロウ面接官「きさまが本当のトキであったなら、いかに俺でも経歴詐称を見抜けなかっただろう!!」

 

【ケンシロウ面接官とクラブ求職者】

クラブ求職者「わ、わかった!何でもするから採用しろ!!いいな、貴様!!」

ケンシロウ面接官「お前、何か勘違いしているんじゃないのか?」

クラブ求職者「わ、わかりました!さ、採用してくださいひぃぃぃ~」

 

【ケンシロウ面接官とゲイラ求職者】

ゲイラ求職者「はぁ~~面倒くせぇ!面倒くせぇ! 面接するのも面倒くせぇえ!!」

ケンシロウ面接官「今すぐ楽にしてやるよ」

 

【ラオウ社長】

ラオウ社長「我が経歴に 一片の悔いなし!!」