ラオウの名言名セリフ⑰

ラオウの名言名セリフ⑰
Sponsored Link

世紀末覇者ラオウ

 

おれもまた天へ!!

トキの下へ帰ろう・・・!!

ついにケンシロウに敗れたラオウ。いくところはただひとつ

 

いわば無!ゼロに戻ったのだ!!

ならばこの戦いは

赤子の戦いと同然!!

北斗練気闘座で繰り広げられるケンシロウとの最終決戦。お互いに究極奥義である無想転生を身にまとった今、あらゆる技は意味のないものとなり、ただひたすら殴り合うだけの戦いと化す

 

才なき者はいずれ拳をうばわれ

ここより追放されましょう!!

ならば今のうちに引導を渡した方が

こやつのため!!

まだ修業をすることさえ許されていないケンシロウを、道場でボコボコにしていたラオウ。リュウケンに咎められて言い放ったセリフ

 

心地よき痛みというべきか・・・

我らはこの日を

待ち続けていたのだからな・・・

北斗神拳正統伝承者ケンシロウと世紀末覇者ラオウ、北斗史上最強の男たちの死闘が今はじまる

 

カイオウは オレの心の中で

いつまでも英雄でなくては

ならないのだ!!

北斗神拳正統伝承者となったケンシロウに、もし自分の兄カイオウが曲がった道を進んでいたらその手で倒してほしいと伝える

 

受けてみよ!!わが全霊の拳を!!

天に滅せい!!ケンシロウ!!

ケンシロウとの全てを賭けたラストバトルでの、最後の最後のラストパンチ。これで全てが決まる!!

 

強くなれ!!男なら強くな!!

まだ幼き日のシャチの頭を撫でながら言ったセリフ

 

砕いてみせよう!!この拳に

我が生涯のすべてをこめて!!

最後の一撃に全てを注ぎ込む

 

燃えさかる炎も この完璧なる肉体を

灼くことはできぬ!!

わが肉体は無類無敵!!

されど哀しみは

この肉体を凌駕するというのか!!

フドウとの戦いで、哀しみを帯びた眼光に怯んでしまったラオウ。激しく燃える炎の中に腕を入れながら言ったセリフ

 

この俺の首を狙うなど

虫ケラなみのたわけ者よ!!