ラオウ

1/3ページ

北斗の拳キャラクター紹介②

世紀末を彩る個性あふれる登場人物のご紹介。 世紀末覇者ラオウについて 北斗4兄弟の長兄。トキの実兄。ケンシロウの義兄。世紀末覇者拳王(けんおう)と名乗り、世の中を恐怖で支配しようとする。 その存在感は圧倒的で、体もどでかい。ほとんどの敵をどでかい剛拳一発で薙ぎ払う。 彼の野望と覇気はあまりにも強大で、誰一人としてその進行を止められるものはいない。その強大な野望は、師匠であるリュウケンをもその手で殺 […]

北斗の拳名場面集⑫

ジュウザとラオウ 南斗五車星雲のジュウザと世紀末覇者ラオウの激烈な戦いの名場面   秘孔 開唖門天聴(かいあもんてんちょう)を突いて南斗六聖拳最後の将の正体を聞き出そうとするラオウ   ラオウ「将の正体を言わねば全身から血を噴き出して死ぬことになる!」   ラオウ「言えい ジュウザ!言わねば死ぬぞ!!」   最後の将ユリアとの幼き日の思い出がジュウザの脳裏を […]

北斗の拳名場面集⑧

ラオウとリュウケン 北斗の長兄ラオウと師リュウケンの名場面   リュウケン「ラオウ 北斗神拳を何に使う」   ラオウ「フ・・知れたこと!おのれのためだ!」   リュウケン「なにっ おのれの!?それでなにをめざす!」   ラオウ「・・・天!!」   リュウケン「そ それは天に立ち権力の座に座るということか!!」   ラオウ「この世に生を受け […]

ラオウの名言名セリフ㉒

【世紀末覇者ラオウ】   【幼き頃のラオウ】 オレがくじけたら オレもおまえもほうり出される・・ そんなことは絶対させん!! リュウケンの厳しい修行に一人耐える子供の頃のラオウ。心配するトキに向かって力強く言ったセリフ   どこまでも下衆なやつらよ!! フドウとの戦いで自分が一歩でも引いたら自分に向かって弓を射てと命令していたにも関わらず、自分には射たずにフドウへ向かって射った […]

ラオウの名言名セリフ㉑

【世紀末覇者ラオウ】   まさに 炎の男よ・・・・・ ラオウを倒すため己の体を紅蓮の炎で包み突撃してきた、南斗五車星炎のシュレンの亡骸へ向けて言ったセリフ   俺はきさまに拳を教えた身! このラオウに一日の長があるわ!! 北斗練気闘座でのケンシロウとの最終決戦。拳を極めた者同士の戦いは、もはや技ではなく、ただの殴り合いと化す   いまだ愛を知らぬゆえに 哀しみがみえぬ […]

ラオウの名言名セリフ⑳

【世紀末覇者ラオウ】   フ・・・フフ・・・ み 見事だ・・・弟よ!! 自分を打ち負かし、最期の闘いの勝者となった弟ケンシロウに向かって言ったセリフ   な!!涙!!? こ・・・このおれが!!! 不治の病に冒されながらも、物事に抗わずひたすら慈愛に生きるユリアの姿に、思わず涙するラオウ   ・・・・・天!! リュウケンに何を目指すのか問われたときに、高々と頭上を指さし […]

ラオウの名言名セリフ⑲

【世紀末覇者ラオウ】   もはやこの勝負 見えたわーーーっ!!! 実の弟であるトキとの宿命の戦い。ラオウの剛の拳に対し、トキの拳は柔。戦いにおいて圧倒的な力を誇る剛拳の前に、トキの柔拳はあまりにも非力だった   【幼き頃のラオウ】 オレたち兄弟はだれにも負けぬ!! 父母を亡くした幼きラオウとトキは、悲しみを胸にこの世で最強の兄弟になることを誓う   どうやら その女に […]

ラオウの名言名セリフ⑱

【世紀末覇者ラオウ】   死を思うゆえ敵との間合いを恐れる されどわが拳は無意識無想ゆえ 間合いもなくスキもない!! トキとの戦いで無想陰殺を放った後に言ったセリフ   戦うか退くか!どちらか選べい!! 元斗皇拳ファルコのいる村に侵攻したとき、前に立つファルコに向かって言ったセリフ   うぬへの愛を・・・ 一生背負っていってやるわああ!! 哀しみを身につけるためユリア […]

ラオウの名言名セリフ⑰

【世紀末覇者ラオウ】   おれもまた天へ!! トキの下へ帰ろう・・・!! ついにケンシロウに敗れたラオウ。いくところはただひとつ   いわば無!ゼロに戻ったのだ!! ならばこの戦いは 赤子の戦いと同然!! 北斗練気闘座で繰り広げられるケンシロウとの最終決戦。お互いに究極奥義である無想転生を身にまとった今、あらゆる技は意味のないものとなり、ただひたすら殴り合うだけの戦いと化す & […]

ラオウの名言名セリフ⑯

【世紀末覇者ラオウ】   この天の覇者 拳王の前では 赤子同然!! 幾多の戦いを経てケンシロウの力は強大になっていた。しかし、ラオウには北斗の長兄としての絶対的な誇りがある   おまえの拳は受けの拳!! 受けてこそ真価を発揮する!! 柔の拳をもつトキと剛の拳をもつラオウとの戦い   フフフ・・・かつてこのラオウが 唯一その存在に恐怖した男よ・・! まだ若き日のラオウが […]

1 3