北斗の拳キャラクター紹介②

北斗の拳キャラクター紹介②
Sponsored Link

世紀末を彩る個性あふれる登場人物のご紹介。

世紀末覇者ラオウについて

北斗4兄弟の長兄。トキの実兄。ケンシロウの義兄。世紀末覇者拳王(けんおう)と名乗り、世の中を恐怖で支配しようとする。

その存在感は圧倒的で、体もどでかい。ほとんどの敵をどでかい剛拳一発で薙ぎ払う。

彼の野望と覇気はあまりにも強大で、誰一人としてその進行を止められるものはいない。その強大な野望は、師匠であるリュウケンをもその手で殺してしまう。

やがてケンシロウやトキなど北斗の兄弟同士や、南斗の軍勢などと凄絶な大死闘が展開されていく。

ストーリーが進むにつれ、ラオウの人間らしさや心の奥底が描かれ、ただの悪役ではない魅力を醸し出す。数々の名言もあり、その人気はトップを争うほど。

【使用した全技リスト】

天将奔烈(てんしょうほんれつ)

奥義 闘勁呼法(とうけいこほう)

北斗剛掌波(ほくとごうしょうは)

二指真空把(にししんくうは)

無想陰殺(むそういんさつ)

究極奥義 無想転生(むそうてんせい)